近くで走ろう。

キモロックバイシコー

ピナさんプレゼンツ大勢ライド

f:id:ma-tkdvvv:20190915195008j:plain
f:id:ma-tkdvvv:20190827002110j:plain


時は、2018年
サイクリスト達は時間どおりにジョイフルAKに集まった。

しか~し、茶髪のKは遅かったぁぁぁぁぁぁ!

これは時代が時代なら
ほぁわたぁ!で、ぴぷぅ♪で、あべし!!である。



それでは、おさらいとして
ゆかりんさん&たんさんブログのリンクを貼っておこう
これでアクセスもうなぎ登りとの目論見である!
ピナすけプレゼンツ~秋のグループライド 其ノ壱 | ゆかりんの【ヒルクライマー】に憧れて坂女子を目指すブログ(∩´∀`∩)
そらち方面+万字峠へ22人で秋のグループライドに行ってきたよ! - サツロックバイシコー
ついでに、ちぶおさんブログも一応…
まぁ、うなぎ登りとまでは行かなくても穴子登りくらいはしてくれるかもしれないし。
総勢20人越えグループライド | ちぶログ.com
それと、くさきょーブログもアクセスはどうか知らんが、某ユ○ちゃんももしかしたら読んでくれるかも知れないしな!わっはっは。
大人数でグループライド!初めての万字峠・長沼スキー場 - 遠くへ行きたい

さてそれでは、一定数とある方面から敵を増やしたところで内容を書こうか。

各班のリーダーを紹介しよう!
ピナさん!このライドの企画者、髭がトレードマーク!

ゆかりんさん!ピナさんの奥様、ピナさんを表から支える裏のボス!頼もしい。

ヘルニアさん(現キャベツさん)!少し前にマジョーラカラーのTREKを買って、見る角度によって色が違うと喜んでいたけど…
騙されてはいけない、会うたびに自転車自体が違うんだから。

たんさん!有名なサツロックバイシコーの作者!
キャラが向かうところ敵無し。

そしてぇぇぇぇ
ハンサム!ハンサム!ハンサム!
言わずと知れたハンサムである。
自己紹介でクスッと笑ったやつは、背中ポケットにカナブン入れてやるからな。

一応、ハンサム班紹介
18k氏みんなご存知パンク魔神。
この日はパンクしないよう、チューブの変わりにソーセージ積めて来たとのこと。意気込み感じる。

タコライス氏。
くさきょの友達である。
シャイボーイなのか無口であった。

H川さん。
この名前で遅かったら万字降りた後に、ちょび髭書いてやるぞと言っておいた。



その他の人達は随時登場してもらうことにして
それでは、れっつらごー!

平地はまったり、幌向セブンイレブンで第一休憩をとりつつ万字の手前なんとかセンターへ。
f:id:ma-tkdvvv:20190915195406j:plain
f:id:ma-tkdvvv:20190915195422j:plain
がぉぉぉぉぉ。




ここで長老MIYAさん、既に脚攣ったとの情報。
ドラマの始まりである。

さて、ここからは皆殺気立つ万字クライムの始まり

◯川さんは南斗、いや何と、クライム女王!
登りにおいては、抜かしたライダーのクイックを戦利品として抜いて奪うというのである。

そして、ここは万字…名だたるクライマーが凌ぎを削る場である。

当然ハンサムも狙うはKOM。

先行するのは
S本君このころサイズ的にはM本もしくはL本君だったとか。
たしかko-ta君も前にいた、くねくねと登ってた。

さぁ、ここから頂上まで一気に捲るぞと思った矢先だ。
不意に現れたのが、やんちゃボーイこといぶき君。
ハンサムが吸う予定であった酸素を横取りし加速して行ってしまった。

そんな熾烈なトップ争いが繰り広げられるなか下界では…



『~奇跡の村~』


MIYAさんついに限界を迎え、自転車降りて苦しんでいた、その顔は種籾じじいことミスミの爺さんのようだ。


そこへ救世主塩さん現る。

塩さんの親切な治療が始まった。
「ん!?間違ったかな…」
f:id:ma-tkdvvv:20190915010223j:plain
夕張のセコマまで響く断末魔。
f:id:ma-tkdvvv:20190915193651j:plain



ここで生まれたのがあの名言。
【親切でなければ、殴っていた!】
MIYAさんは、ピナさんの協力もあり無事万字を越える。


f:id:ma-tkdvvv:20190915195313j:plain
これぞチームプレー


ところで気になる、KOMの行方は…

写真を見る限りは
f:id:ma-tkdvvv:20190915191613j:plain

ちぶおさーん、ちぶおさぁぁぁぁん!
ん?????

そんなわけないよね。
ちなみに後ろに、小さく写ってるのがタコライス君。


この頃、ハンサムは頂上から途中まで折り返して余裕あるとこを演出してました。




この後は、夕張セイコマで休憩。

いけ(てる)めん、颯君がこぼしたドリンクが
いけ(ない)めん、ちぶおさんのお股めがけて突進しておる。

ちぶお おぶ じょいとい。
f:id:ma-tkdvvv:20190915195114j:plain

さぁ最難関万字さえ終われば、あとはまったり快適らいど最高の景色を眺めながらのライドとなる。
f:id:ma-tkdvvv:20190915200125j:plain
いい景色だなぁ。

この頃、あたら君も逆回りからの合流。
チタンフレームのNEWバイクである。



ほどなくしてコカ・コーラハウスに到着
仕事の都合で参加出来なかった糸さんが登場する、一部参加者からコカ・コーラハウスの管理人だと思われていたとかなんとか…。
僕らの糸さんを間違えてはいかんぜよ。
集合写真もここで撮りましたな。


管理人さんに別れを告げ目指すは、かりんとう饅頭な長沼町へ。
本当はあいちゅランドが先なんだが間違えて、かりんとう饅頭を先にゲット。
背中にしっかり、かりんとう饅頭である。
f:id:ma-tkdvvv:20190915223926j:plain
もつろん、あいちゅランドでクレープも食べる。

あとはゴールに向かって…
平地激こぎであった。
こういう平地があると必ず登場するヘルニアトレイン
f:id:ma-tkdvvv:20190915223521j:plain
楽しいけど、楽は出来ないよ精進したい方は是非参加してくれ。




そして、楽しい旅もいよいよゴール。
北広島駅で全員集合記念撮影。
(はる君は、諸事情によりDNFとなってしまったが)
f:id:ma-tkdvvv:20190915225056j:plain



f:id:ma-tkdvvv:20190915225753j:plain
f:id:ma-tkdvvv:20190915225903j:plain
f:id:ma-tkdvvv:20190915225951j:plain
f:id:ma-tkdvvv:20190915230314j:plain
f:id:ma-tkdvvv:20190915231019j:plain
f:id:ma-tkdvvv:20190915231036j:plain
f:id:ma-tkdvvv:20190915231103j:plain
f:id:ma-tkdvvv:20190915231120j:plain
f:id:ma-tkdvvv:20190915231204j:plain











今思い起こしても、ただただ楽しかった。
この一言に尽きる。

2018裏そらちリベンジ!


f:id:ma-tkdvvv:20190912005212j:plain


周回遅れの様で、おさらいブログ。
忘れた頃にやってくるハンサムだ。


タイトルは、『裏そらちリベンジ』。

そう、リベンジなのだ。

しかしハンサム、裏そらちには何の恨みもない。
だが、裏そらちにリベンジするにはハンサムの力が必要なのだろう。ならば協力するまでである。


要するに、そらちグルメフォンドの裏イベントで立ち寄る予定だったけど臨時休業だったりで行けなかったとこに再び行こうって企画らしい。

集合場所は、栗山公園。
ハンサムは車載で向かう。
f:id:ma-tkdvvv:20190912010741j:plain
SR(好きですライス)の、たんさんは自走で。

栗山公園に到着
f:id:ma-tkdvvv:20190912011359j:plain
キャベツさんローアングル撮影会
ヤリキレナイ皮さんの自転車…チェーンに黒ゴマまぶしてあった。
ガマニアさん久しぶりでございます。

ヤリキレナイ皮さんのチェーンの伸びをいじりつつ待っていると主催者のけーすけさん達も集合したので自己紹介を済ませクスッとした笑いを頂いたところで

それでは、れっつらごー。

f:id:ma-tkdvvv:20190912011814j:plain
第一リベンジポイント。
東千歳バーベキュー!
鶏の半身焼きが二枚一組、要するに1羽。

とても暑い日だったので、汗だくで倉庫の様な店内で煙に巻かれながら食べる。

SR(好きですライス)のたんさんは、やっぱり米食べてた。
f:id:ma-tkdvvv:20190912012158j:plain
男子でも、米食べた人は少なかったぞ。

みんな油っぽくなって再出発。

第2リベンジポイント
f:id:ma-tkdvvv:20190912012453j:plain
箱根牧場
みんなアイス食べるあるよ。
油っぽい口の中をさっぱりしたいのね。



f:id:ma-tkdvvv:20190912012620j:plain

圧巻のけしからん自転車達。
こんなにカンパ比率が高いのは初めてである。
みんなカンパ使おう、噂と違って壊れないからな。


そして、第3リベンジポイーンツ。
おにぎりあぜっこ
f:id:ma-tkdvvv:20190912013046j:plain
ちょっと前に鶏肉たべてアイス食べたから誰もお握り食べてない。
自家製ソーダやら、ラムネやら飲んでリベンジ完了なのか疑問であるが。
f:id:ma-tkdvvv:20190912013913j:plain



あ!ここで注意事項。
ここの敷地内に水が出てるとこあるんだよ。

でも、ボトルに入れちゃダメよ!
『この水飲めません』
ひっそりと書いてあるから。


こうして立て続けにリベンジしてるから、みんなお腹おっぱい、まったり走る。
f:id:ma-tkdvvv:20190912014055j:plain


しばらく走って
第4リベンジ、haa-mo。
アップルパイとおまけのなんか食べた。
f:id:ma-tkdvvv:20190912014717j:plain
気になる人は是非寄ってみてくれと言いたいが、もう無いのだ。



f:id:ma-tkdvvv:20190912014834j:plain

最後は萩ノ山セイコーマートで記念撮影。
f:id:ma-tkdvvv:20190912014936j:plain

ゴールする頃には日も暮れてきた。
f:id:ma-tkdvvv:20190912015153j:plain

自走で来たキャベツさんと、たんさんを収容して札幌へ戻るのであった。

腹一杯になり、知り合いもたくさん増えた楽しい企画だったので、2019リベンジ企画も大いに期待しております。

最後に一言付け足すと…

この時は、ナナさんとあまり話してない!

知床マルスコイ峠とその他イベント②


f:id:ma-tkdvvv:20190816201726j:image
こんにちは。ハンサムと申します。

 とってもハンサムでございます。

 

今回は知床マルスコイ峠の第二夜でございます。

日本最東端の知床マルスコイ6000kcalバイキングは、道内はもちろん外国の方々もたくさん働いていました。

 

それでは、れっつらごー!!

18:30着席

今回もハンサム氏が車を出してくれたので、お前はラッキーだ。

この日も雨が降っていたにで、この日に限らず必ず雨は降っているので、すぐには絶対やまないのでずぶ濡れになりながら自転車乗って、早めに冒険と大食いに切り替えたのでした。

 

冒険のことは後半に書くとして、大食い日記いくからな。


f:id:ma-tkdvvv:20190816201810j:image


f:id:ma-tkdvvv:20190816201835j:image

デザート食べまくり、胡麻団子無限に食べてクレープは五回は食べた。

クレープに並び過ぎて、異国の方に中身の組み合わせを覚えられる。

 

だがしかし、ひるんではいられん。

今日こそラスボス チョコレートファウンテンを倒さねばならん。

 

しかし、腹一杯。


f:id:ma-tkdvvv:20190816203409j:image


f:id:ma-tkdvvv:20190816203428j:image

食い過ぎよねー、なんだかオシャレなやつもあったがあれもこれも食べれる訳がなくラスボスに返り討ち…。

この大量の食べ物達をやっつけるには、1週間くれと言いたいとこだ。

 

 

それでは、冒険編だ!

こんどこそ、れっつらごー!

 

目指したのは、裏摩周展望台と

メインイベントとして、神の子池!

 

車で行ったのさ

もし!自転車で行こうと思ってる人がいるなら、相当な覚悟が必要であーる。

車でも、がっくんがっくん凸凹自転…もとい凸凹道で大変であるぞ!

f:id:ma-tkdvvv:20190821190009j:image

しかし、この秘境やはり気分は川口浩隊長。

 

凸凹道の奥深くに未確認部族の謎の石仮面を発見!


f:id:ma-tkdvvv:20190821220827j:image
おお、なんと恐ろしい。


f:id:ma-tkdvvv:20190821220958j:image

いやしかし、ここは神秘である。

神の子池の名に相応しい神秘とロマン


f:id:ma-tkdvvv:20190821221119j:image

お魚ちゃんも優雅に泳いどる。

美瑛の青い池もいいけど、神の子池とてもいい。

 

で、次は裏摩周展望台。


f:id:ma-tkdvvv:20190821221308j:image

摩周湖綺麗!表もいつか…と思った。

 

そして、ついに帰り道。

オシンコシンの滝に寄り道。


f:id:ma-tkdvvv:20190821221432j:image
f:id:ma-tkdvvv:20190821221521j:image

草さん、助手席で寝てるので置いてきぼりにして見てた。後からふごふご言いながらやって来たけど。

数年前に流行ったマイナスイオンを大量獲得!効果があるのかは知らんけど。

ぴちぴちになったつもりで、とりあえず記念撮影ぱちりこである。


f:id:ma-tkdvvv:20190821223443j:image

ここらの道路からは、亀岩も見えた!

これも本当に亀に見えた。

グッバイ亀ちゃん、また来るぜと誓い知床を後にしたハンサム一行。

 

まだまだ波乱の旅は続くのであった。

 

次回知床編最終回

「なんとなく書き忘れた事と、帰り道の出来事。」の巻。

知床マルスコイ峠とその他イベント。


f:id:ma-tkdvvv:20190726232124j:plain


よぉ。熟成進み美味しくブログのハンサムだ。
明日は知床ブルベが開催されるらしく、なんてタイムリーな更新。綿密に計画されたブログスケジュール。
是非ともブルベ参加者には参考にして欲しいとこである。


知床旅行を選んだ理由!
TVのCMでマルスコイを見たから。
知床第一ホテルのバイキングを食べなければなりません。

もう1年も前のことなので、誰と行ったかも覚えていない。
ちぶおさんではない食いしん坊と行ったことは確かである。

f:id:ma-tkdvvv:20190727004641j:plain

いざ入場。


f:id:ma-tkdvvv:20190727004748j:plain
f:id:ma-tkdvvv:20190727004820j:plain
とりあえず、どーんと取ってくる。
スタートダッシュが命と言わんばかりの、欲張り発進。
とりあえず寿司、肉、グラタンはたんまり。



もう一人の人は、蟹を絶滅させる勢いで蟹取って来てる。
そんな美味いもんでなかろうに。

とりあえず美味しかったチャーハンと肉、グラタンを再び。
バイキングなのにリピートだ。

しかし、このマルスコイ峠
支笏湖で言えば、まだようこそ支笏湖の看板手前
勝負はまだまだこれからであり、浴衣の帯を緩めているようでは勝負にならない。



f:id:ma-tkdvvv:20190727005733j:plain

第二チェックポインツとも言える天婦羅コーナー
ここの職人やりおる。
なんとほくと、油の中に素手を突っ込み揚げ具合を確認しておる。

だからと言って、そんなに美味しくないので一回で天婦羅おしまい。

寿司も食べる、寿司は寿司屋で食べよう。

デザートは、とにかく胡麻団子。
小さいから無限に食べれるらしい。

f:id:ma-tkdvvv:20190727010241j:plain

まだまだ食べてない物はあるけど、お腹一杯。
f:id:ma-tkdvvv:20190727010341j:plain

うん、もう一泊するから無理はしないで
初日はここまで!

つづぬ!








と、したいとこだが知床レクリエーションを

裏摩周の旅を断念したハンサム一行。
続いて向かったのは、知床五湖巡り。

なんとここ、熊がうじゃうじゃエリアであるという。



f:id:ma-tkdvvv:20190727011148j:plain

とりあえず
知床五湖フィールドハウスで、遊歩道での禁止事項、注意事項、熊に出くわした時の対処法を教わる。
とにかく食べ物飲み物は持って行けない。
一応、水とお茶はOK。ガムやら飴もNG。
熊ちゃんは犬の何倍も鼻がいいらしい。食べ物の臭いには猛烈に敏感なのであるとのこと。

まぁ肝心の出くわした時の対処法だが、冷静にとなんとか言っていたが出会ったら死んだようなもんだと思う。
間違えでも背負い投げで事を済まそうと思わんように。

それでは、未開の原野にれっつらごー!

さて、勇敢なハンサムは熊も恐れず、出くわした時は一緒に歩いている草さんを差し出す準備は万端に歩き始める。
レクチャー通りに、先が見えない時は手を叩きながは歩を進める。


f:id:ma-tkdvvv:20190813195141j:plain
f:id:ma-tkdvvv:20190813195219j:plain
見よ、このうっそうとした獣道。
気分は川口浩木曜スペシャルよろしく探検隊気分である。
白骨が転がる~のフレーズを口ずさみながら、誰も足を踏み入れたことの無い秘境へと進むのであった…。

うゎぁぁぁ!草隊員の悲鳴が響く!


f:id:ma-tkdvvv:20190813201432j:plain

トラップ!遊歩道トラップである!
まだ見ぬ先住民がハンサム一行を陥れようとトラップをしかけていたようだ。
誰も足を踏み入れたことがない場所に遊歩道があることを突っ込んではいけない…そうあの時のテレビと同じ大人のルールだ。

ハンサム隊長!見てください!
再び叫ぶ草隊員。
f:id:ma-tkdvvv:20190813202140j:plain
面白い木があるから記念撮影しろとの命令であった。
俺は隊長だぞこら。

熊との遭遇に最新の注意を払ってすすんだのも束の間…

なんとここで!

人間である。
f:id:ma-tkdvvv:20190813202336j:plain
なんせ観光地なもんだから人間いっぱい熊が出てくる暇は無さそうである。

というこど五湖のうち、1つ目を見たあたりからのんびり歩き。
しかし、ハンサムはトイレが恋しく早歩き。


f:id:ma-tkdvvv:20190813202555j:plain
記念撮影もそこそこにトイレを目指す旅になってしまったのだ!



今回は熊がいる雰囲気はなかったけど、朝イチの入場なんかは実際に熊に出くわして中止になったくらいだからくまったなぁなんて言ってられない、油断は禁物しっかりと心構えて散策するように!


つづぬ~ん。

知床ヌーディスト峠続編

よぉ。
ハンサムブログは、鮮度が命の魚介系ではない。
たっぷり熟成味わいながら読め。

知床峠を羆をかわしながら無事往復したハンサム一行。
次に向かうは摩周湖なのだ。裏摩周の展望台へGARMIN様の指令に沿って。
車載で清里町へGoだ。

スタート地点までに観光スポットもね
f:id:ma-tkdvvv:20190711081457j:plain
天へ続く道。
思えば地獄へ続いていたようだ。


清里
f:id:ma-tkdvvv:20190711081144j:plain
パパスランドさっつる。天気はもちろんのあれ。
わざわざ雨だったとか書く必要も無い気もする毎回のこと。

ここまで来たんだしアウトドアだしと無理矢理理由を作り自転車乗る事に。
コース考案者のくさきょーナビで目的地へ
GARMIN様(ピポー右よ。
草(左です。
青看板(右よ。

左です!

わかった、わかった左ね。
時にこの路面である。
f:id:ma-tkdvvv:20190711085537j:plain

オフコースを連呼する我がGARMIN様。
ここで草さんルートチェック。
「ぬふぅ、間違えてましたぁ…」
気を取り直して引き返す…気を取り直したかと言うとテンションは半減してた気もする。

遠ざかる目的地
強くなる雨足、腹が減る二人…

途中、GARMIN様も画面を流れる雨に誤作動連発


野上峠
f:id:ma-tkdvvv:20190711085932j:plain
すでに土砂降り。昼なのに車がライト点けて走るほど土砂降り。土砂降りだけど半袖短パン。
ここでルートの再確認と続行の可否を確認

天気予報の雨量、風速、ルートの高低差を考慮し中止を決定。

行きたい気持ちはわかるけど…
俺は帰りたいんじゃー!
いや、豪雨の強風でカーボンホイールは帰りますよ。

スタート地点が温泉で良かったわぃ。
温泉チャージで気分すっきり、腹へっこり。
残念ながら入浴シーンはありません。

温泉で温まって知床グルメを堪能する旅へ変更とする。
f:id:ma-tkdvvv:20190711131308j:plain
f:id:ma-tkdvvv:20190711131344j:plain
ウトロ漁協婦人部食堂
とりあえずメジャーな所で、さけイクラ丼。
キンキ定食の時価も、気になったけど隣の人が店の人に聞いた値段は目ん玉飛び出たのでやめておいた。
今が旬!なんて書いてるから安くなってるのかなと思ったけどめちゃくちゃ高くなってるんでないか。


そして、イクラ丼の味は聞くな。
いや言うけど、どこでも食べれる味。

どうぜなら他で食べような。


ホテルでの食事の様子は、別に書きますよ!
これが1番の峠だった記憶である。
f:id:ma-tkdvvv:20190712000301j:plain



つづぬっこし。

知床ヌーディスト峠 その①

f:id:ma-tkdvvv:20190429192147j:plain

よぉ
ブログネタには困らない計画的な男
ハンサムだ。

知床それはロマン
自転車乗りなら1度は行ってみたいと言われてるとか何とか。
まぁ今回も草さんが行きたいとのことだったのでついつい。

計画立てたのは2月。
知床行くなら、夏だなと。夏の知床は宿の確保も難かしそうだとの予想で2月のうちにホテル予約。

ブルジョワホテルの知床第一ホテルである。

f:id:ma-tkdvvv:20190120175637j:plain

とりあえず知床遠いのよ
まず移動日、深夜に北見入りしネカフェで仮眠
当然の様に予定時間より多く寝るお約束である。
これは、ハンサム様も眠かったのでおとがめ無しよ

なんとなく雨っぽい天気のなか知床に到着。
ウトロの道の駅。


f:id:ma-tkdvvv:20190120180233j:plain



「しりさわれ?」
「しりなでれ?」なんだか名前が覚えにくいとこ

なんとなく、覚えた名前にならい草の尻を撫でたら
でっかいグーパンチをくらったのは当然であり、このパンチがあればヒグマも大丈夫だと思った次第である。

ちなみに、道の駅の名前は
《しりえとく》覚えておけよ。



あ、初日から走るぞ
雨?いつも通りだぞ。半分走る気持ち削がれる。
でも、せっかく来たし準備。
ハンサム様の装備は、長袖インナーとタイツに夏用ジャージ。
ジャージの上着の中には、コンビニレインコートをジャージ丈に切って着ております。


f:id:ma-tkdvvv:20190120181048j:plain

そしてさすがに自転車乗り憧れの地
道の駅のサイクルラックには、XR3ではあるがビアンキのオルトレが!
f:id:ma-tkdvvv:20190120181305j:plain
※後に、知床峠を降るだけツアー参加者と判明。

初日のコース!
いきなりだけど、知床峠越え!知床横断道路を横断してやろうってんだ。
横断道路の横断歩道を渡るだけじゃないぞ!
山越えて羅臼に行くんだぞ!行くんだぞ!行くんだぞ!


事前の情報では、とあるサイクリングイベントでヒグマが出没したために通行禁止になったとか
また、寒さとヒグマのセットなんて喜茂別と変わらないから問題なしよ。

さて、登るんだけどさ

暑いんだよ!


f:id:ma-tkdvvv:20190405004052j:plain

脱いじゃいまちた。

俺が脱いでるとこを一生懸命撮るでない変態め


もう1人は、着こんでたな。
f:id:ma-tkdvvv:20190429162002j:plain


途中記念撮影を織り交ぜ山頂に到着
f:id:ma-tkdvvv:20190429162119j:plain
f:id:ma-tkdvvv:20190429162356j:plain
観光のおばさま達と、互いに記念撮影のを頼んだり頼まれたりしてだな。
綺麗に撮ってね🎵
なんて言うから、顔は写さずに撮ってあげたが正解だろう。


記念撮影を済ませ斜里から羅臼側に下りますよー!
f:id:ma-tkdvvv:20190429162504j:plain
f:id:ma-tkdvvv:20190429162540j:plain

さすがに下りは寒いだろうと着ます。
f:id:ma-tkdvvv:20190429164149j:plain


下りは快適にぐい~んと一気に
f:id:ma-tkdvvv:20190429183515j:plain

羅臼の道の駅で豪華にランチ
f:id:ma-tkdvvv:20190429183548j:plain
黒鱧丼がドーン!
珍しくハンサムの意見が採用された、絶対当りの昼食である。
いやーうま、うま、ううう…油っこい。
この油に帰りの道中苦しめられるとは…大当たりである。

ちなみに、ブドウエビが解禁でお手頃価格でしたよ。
1尾2,000円のお手頃価格でしたね。


さてと帰り道
下って着たから、やっぱり登りなんだよなー

ここでラッキーポインツ
f:id:ma-tkdvvv:20190429183929j:plain
草さん、撮影の為一時停止。
おぅ、何回でも撮影ポインツあってもいいぞ。
余裕だけど。

さてクライム再開。
登りはリズムである。なんかの漫画で言っていたな…
おっと危ない!ネタバレ注意である。
自分が先に読んだからって、ネットの世界に意気揚々と公開するほどハンサムはバカではない。

いやしかし登りは暑い、辛い…
f:id:ma-tkdvvv:20190429185020j:plain
ぐったり



f:id:ma-tkdvvv:20190429191521j:plain
脱ぎました。
天候雨、気温13℃。大変暑いですね。


f:id:ma-tkdvvv:20190429192433j:plain



途中、記念撮影を織り交ぜ再び山頂
f:id:ma-tkdvvv:20190429191702j:plain
f:id:ma-tkdvvv:20190429191733j:plain

あとは下るだけ!
ビューんと降りてホテルを目指す!

と思ったがもう何個か撮影ポインツ!
港!
f:id:ma-tkdvvv:20190429192554j:plain

そして!ゴジラ岩!
だいたい何とか岩やら、何とか石なんてもんは
どこをどうやって見たらそれになるんだいってのが定説であるがね。

こりゃーホントにゴジラだ!GODZILLA!ごじぃーら!
f:id:ma-tkdvvv:20190429192704j:plain
ででで、ででで、でででで、ででで♪
こりゃびっくりである。

とりあえず熊にも鹿にも遭遇せずに無事にこれで1日目のライド終了!
これから本番ホテルで夕食マルスコイのお話はまた今度!

つづぬぅ。


あらよっと。

北海道そらちグルメフォンド走っちゃうよ!

f:id:ma-tkdvvv:20181218195706j:plain

今旬のネタ!鮮度抜群!
北海道そらちグルメフォンドに参加した様子書いちゃうよ!

ほーら聞こえてくるぞ
なにが鮮度抜群だ、もう干からびてるんでないかと。

しかし、そんな心配無用のハンサム様。
記録と記憶、嘘八百ならべてブログ書くよ。


では、当日!
札幌を5時に出る予定で草を集合場所に迎えに行く
ハンサム「着いたぞ」
草 「……」反応無し
ハンサム「着いたぞ」2回目
草 「ぐーすか、ぐーすか。」寝てるな。

多分寝坊の原因はこれ
f:id:ma-tkdvvv:20181218220108j:plain
徹夜でゼッケン作ってくれたんだな、きっと。
(ウサパラくんピンバッチは、赤い羽根募金500円です。)




そんななか、糸さん会場到着ツイート

https://ameblo.jp/hokaito/entry-12399267429.html

スタートでこの差である。
受け付けに間に合うか心配になるよね。

んーまぁいつものこと
いつものこと過ぎて、参加する仲間からLINEくる
草起きたかい?寝坊と寝っぺは定着してきた。

なんとか受け付け間に合ったからよしとする
いや寝坊はよしとせず。

会場。
ゼッケン順のスタート。申し込み一緒にして良かった。
ハンサム様の言うことに間違い無し。


f:id:ma-tkdvvv:20181218195435j:plain
ピナさん夫婦の自転車と一緒に並べて写真撮るのよ
これこれ、これがやりたかったのBORA祭り

そして、スタートなのだ!
この日は確か、長期予報からずぅ~っと晴れ予報だったのよ。一般市民には晴れ予報だったのよ。
だがしかし、しかし、しかしながらしかしである。
おいでなすったぜ雨女。

くさきょ

くさきょ走れば常に雨である。

お陰様で、今年の日焼けは薄いです。


スタートして集団解放地点にて、ピナさん夫婦と合流。
あらまぁ魔神ブウと遭遇したね。
f:id:ma-tkdvvv:20181218200731j:plain


ほどなくして
最初のサブエイドに到着。オデコさん達とも合流
デカ頭の人達もいた。
そして、記念撮影する女子。
f:id:ma-tkdvvv:20181218201943j:plain
クライマーなMさん
最近けしからん人にけしからん被害にあったとかなんとか。

そういえば、ここで初ちぶおさんだったな。

さて、そこそこのアップダウンを楽しみつつ
第一エイド
写真は無い!しかし、コロッケとメロン食べた。
記憶は定かだ。きび団子は保留した。

ここで、デカ頭の人達と写真を撮るオデコさん達。

ハンサムとキャベツさんは自転車見学して
結局自分の自転車を一番見てると言う(笑)
f:id:ma-tkdvvv:20181218202826j:plain
なんか左端の自転車の人が「写真撮ってもいいですよ」っと言ってきたけど…。

二人「いや、いいです。」

丁寧にお断り。

次は第二エイド目指すぞ

途中の私設エイド最高なのね。手打ち蕎麦
変装して5回くらい食べたかったな、旨いんだもん。
ここも写真無しか。
雨が強くなってきて、上手くスマホカメラ起動出来なかったんだな。きっとそうサボってない。
そして、晴れるつもりでやって来たハンサムはウィンドブレカーも無し。だが大丈夫。
喜茂別育ちで良かったよね。

降りしきる雨の中、第二エイドへ向かいます。

ゴ、ゴ、ゴフッ(*_*)
オデコさん失速である。いつもフィットバイクで長距離走ってるオデコさんだが脚にダメージ(二日酔い)が蓄積されたようだ。
しかし、安心したまえ。優しいハンサム様が待ってあげようぞ。
さぁオデコさん、のんびり漕ぐがよい。
(実際に、優しいか意地悪だったかは秘密)

ゆっくり第二エイドを目指そうじゃないか。

で、オデコさんとのんびり到着
f:id:ma-tkdvvv:20181218203936j:plain
雨の中、大行列…
でも、しっかり食べる
f:id:ma-tkdvvv:20181218204121j:plain
結構すんなりと受け取れた、そしてストロガノフ丼旨い。
ここでは、ゆうじさんとも合流する。
ご飯食べたら、オデコさんも元気になった。


行くぜ第三エイドへ!
途中記念撮影

f:id:ma-tkdvvv:20181218204934j:plain

そして、かりんとう饅頭に到着!
初のかりんとう饅頭、こりゃ旨い!その場で買えないのが残念…。かりんとう饅頭ライドが決定した。

おっとここでここでです!
大物きた!
f:id:ma-tkdvvv:20181218205141j:plain
写ってます!ちぶおさん!
じゃないじゃないそうじゃない!

山は性癖、篠山さんである。
ハンサム様と同じくスーパーレコードとVector3を使っているので、かりんとう饅頭を半分あげてもいい!
いや、しかし結婚してると聞いてあげなかったけど。

みんな、スケベな顔で写真撮ってもらってたな。

そうそう途中に坂バカオプション!
天候雨!カーボンホイール!下りも急勾配!
条件は悪いしかし、逃げはせぬ。

あぁしかしだがしかし、時間制限の壁。
ひっそりと仕込んでおいた、29Tの出番なく終える。
ルールだもの仕方ないんだぞこら。

次は平坦区間で第四エイドへ!
おじさん達は、重い体と高級ホイールを武器にズンズン飛ばします。
こら、違うぞ日々の鍛練の結果と言いなさい。

すこし天候回復で、お腹も回復
しっかりザンギも食べれます。
f:id:ma-tkdvvv:20181218210440j:plain



ホッケさんにも会います。(食べるホッケではありません。
F8を写真に収めます。
直後に謎のパンクをしてますが、ハンサムは悪い子してません。
ヘルさんか怪しいと思います。
f:id:ma-tkdvvv:20181218210310j:plain


さてあとはゴールだ。
そのゴール前に、ラスボスと言われるレインボー線あり。

直前の平坦でケイデンスは125、準備万端アップも十分!

Let's Go!!!!

「ここ左曲がって下さ~い」

よし左折だな!

うんうん、運営の判断によりレインボー線閉鎖。

ラスボスは、ハンサム様を恐れて逃亡したようだ。


そしてゴール、ハンサムは知っている!
ゴールしてからがスタートだと言わんばかりに食べ物が出てくることを。

ゴールはね、仲間みんな揃ってゴールしたね。
f:id:ma-tkdvvv:20181218211120j:plain

そして、おもてなし
f:id:ma-tkdvvv:20181218211207j:plain
なんと言っても、この汁無しキジ麺を食べたくてグルメフォンドに参加してると言って過言ではない!
そして、美唄焼鳥食べに来たいね。
やきそばは夜食にしたね。

帰りは恒例の温泉に入って帰りましたよ。

たくさん食べた後なのに、ソフトクリームはしっかり食べたしね(笑)


感想!
また来年出る。